CK TIPS: Quest ModをESM化する際の注意

ESM化した際にQuestが動かなくなる問題の対処法を紹介するぞ。

動かなくなる原因
Unique ActorのReferenceのPersistence Locationが設定されていない。
ESPでは動いていたのにESMにした途端クエストが起動しなくなった場合はだいたいこれ。
ESPではLocation設定が適切にされていなくてもクエストは起動する(たまに失敗する)ので見落としがち。

手順
1.問題のQuestのAliasを確認。Fill TypeがUnique Actorであるものを探す。
EsmFillType

2.AliasがReservedフラグを持つか確認する。
EsmFillTypeReserved
Radiant Questに割り当て対象を取られることがあるのでReservedフラグは必須。
CTL+SHIFT+RでReservedを有効にすることができる

3.Aliasに登録されているUnique ActorのReferenceとそれが配置されたCellを探す。
Actors->ActorからAliasに登録されているUnique ActorのIDを探し、右クリック -> Use Reportを選択。
EsmFindObjectReference
配置セルをダブルクリックして、Referenceが配置されたCellを読み込む。

4.World -> CellからそのCellのLocationが設定されていることを確認する。
EsmCellLocation
CellのLocationがNoneである場合は専用のLocationを新規に作成して割り当てること。

5.ReferenceのPersistence Locationが適切に設定されているかを確認する。
レンダー画面に戻り、Reference上で右クリック->EditでReference設定を開き、Persist Location を選択する。
EsmPersistentLocation
Persistence Locationが「CellのLocation、またはその親Location」となっているかを確認する。

プロフィール

vicn

Author:vicn
スクーマは一日三個まで。
リンクはお好きにどうぞ。

Twitter

検索フォーム