続きを読む

Vigilant

OblivionGate

Version
1.5.0 (2020/02/21)

主な更新内容(v1.5.0)
・MCMの追加。ボスの難易度や緩和パッチの設定
・xLodgenでのLODの再生成。
・ユニーク武器に専用の斬撃エフェクトを追加などなど


アップデートの際の注意
・esm版のみv1.3.x、v1.4.xからv1.5.0へのアップデートは可。
・それ以下やArt of Mercyを使用していた方は、それらのファイルを全てアンインストールしてからアップデートしてください。また、そのセーブデータは続けて使用しないで下さい。
・アップデート後、数時間待機してからセーブ&ロードをしてください。


概要
ステンダールの番人のクエストを追加します。(各エピソードはスキップ可)
追加される装備は「ゼニタールの金床」でボス撃破・クエスト完了に応じて作製可能。

Ep1:召喚術師
各地で問題を起こす一人の召喚術師の行方を追います。

Ep2:血の貴婦人
ウィンドヘルムで起きている囚人の失踪事件の調査を依頼されます。

Ep3:オブリビオンの申し子
コロールの貴族の屋敷に派遣された番人から助けを求める手紙が聖堂に届きます。

Ep4:コールドハーバー
モラグ・バルの策に嵌りコールドハーバーに堕とされ荒野を彷徨います。

Epilogue:エルダーグリーム
石化したはずのモラグ・バルによって深淵に引きずり込まれてしまいます。

必須環境
Skyrim 1.9以上
SKSE
Dawnguard
Dragonborn
(Skyrimは英語版exeを推奨。日本語版exeなどの特殊な環境での動作保障できません)

ダウンロード
旧版  SE版

続きを読む

Unslaad

CRBUnslaad_161124

Version
2.4.0(2019/12/12)

2.4.0
・MCMの追加。ボスの難易度や緩和パッチの設定。
・クエストスキップの追加。中庭に入って右の墓場にある「超越者の祭壇」で可能。
・「修練場」の追加。ボスや訓練用のNPCとの対戦が可能。
・xLodgenでのLODの再生成。
・ワールドをまたぐ場合にクエストマーカーがうまく機能しなかった問題を修正などなど


アップデートの際の注意
・ESM版(2.x.x)のみ2.4.xへのアップデートが可能。ESM版でのセーブデータは2.4.xでも使用可能。
・2.0.0以下のESP版を使用していた場合はNew Game、またはUnlaadを使用したことのないセーブデータをから始める必要があります。(ESPとESMは別MODとして扱われる為)


概要
CrbUlliss_161124
半竜に関する小クエスト。
追加される半竜はドラゴンソウルを捧げることでステータス上昇が可能です(要ドラゴンソウル)。
装備品はフサフサから購入可能。(尻尾装備はXPMSやXPMSEなどの尻尾のあるスケルトンが必要)。

ダウンロード
旧版 : SE版

音声ファイル
Unslaad English Voiced by The Skyrim Voice Alliance


必須環境
Skyrim 1.9以上(英語版exe)
Dawnguard
Dragonborn
SkyUI

推奨
XPMSE or XPMS(尻尾装備を着る場合は必要)
尻尾のあるSkeketonならばなんでもいい。よく分からないなら上記を導入すること。

続きを読む

Modのすゝめ:自作ワールドのLOD作成

LOD作成ツール
xLodGen
オブジェクト, 樹木, 地形のLODをすべて一括で作成できる。

必須環境
Microsoft Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2015, 2017 and 2019

Vanilla Skyrim LOD Billboards
MOなどでインストール。LOD生成用プロファイルを作成して有効にすること。

準備
1.xLodGen.zipを展開。SteamやSkyrimのフォルダには入れないように。
2.xLodGenの「x」の部分をリネーム。LE版はtes5、SE版はSSE、VR版はtes5vr
3.MOでLOD生成用のプロファイルを作成。
4.MO経由でxLODGenを起動するよう登録。引数には-o:"ドライブ名:\OutputPath\"
TIPCheckLODGenOutput
ここではDドライブのxLodGen-OutputにLODを出力する。

LOD作成
1.BSAから「tamriel.lod」ファイルを抽出する。面倒ならダウンロード
2.lodファイル名を「LODを作りたいWorldのID名」に変更する。ここではTESTWorld。
3.lodファイルをData\LodSettings以下に配置。直にでもMOでもどっちでもいい。
4.作成したいWorldを含むESM/ESPをMOで有効にする。
5.MO経由でxLodGenを起動。読み込みが終わるまで待つ。
6.読み込みが終わったらTamrielのチェックを外す。要確認。指差し確認。
TIPUncheckTamriel
7.TESTWorldが追加されていることを確認。表示されていない場合は2,3,4を再確認。
8.TESTWorldにチェックを入れる。作りたいLODにもチェックを入れる。
TIPCheckLODGen
9.Generateを押して待つ。(たまにクラッシュすることもあるが、そのときはやり直す)
10.作成したLODはMOで「準備の4」で設定したフォルダに入っている。

補足
・地形LODはOscape, Creation kitでも可能だが、xLodGenの方が質も早さも良い。
・Creation KitでLODを作成するとESPが壊れることがあるのでお勧めしない。
・MO、MO2でもどっちでもよい。Vortexは知らないから自分で考えて。
・慣れている人はxEditの「Edit Scripts」フォルダ内を上書きすれば動作する。
・引数を設定しない場合、LODはMOのOverwriteやDataに出力される。非推奨。

Dawnguard Missing LOD textures
LE版のDawnguardにはObject LOD用のテクスチャが入っていないので必要な人はここから。SE版には不要。

College Tower LOD Fix
「ソリチュードの大学の塔」のLODの位置がずれる場合に導入。

Modのすゝめ:USSEP/USLEEP

真のノルドはバグなど恐れない。そんなノルドにUSSEP/USLEEPは必要か否か?
Modに対する習熟度に応じて示していく。

初心者向け
必要。よく分からないならDataフォルダに直に入れるとなお良し。お守りになる。

中級者向け
競合や「パッチのためのパッチ」が嫌な人でもMeshesとTexturesだけでも入れて置いたほうがよい。
SE版とLE版ではVanillaの衝突モデルが一致しないことがあるので、LE版のMODをSE版で使うと見えない壁が現れることがある。それを防ぐことに繋がる。Espを使用しないのならばScriptの置き換えはしないほうがよい。なぜなら、プロパティの値の設定/変更はEspで行われるのでScriptでプロパティの追加/削除が行われていた場合に不具合の原因となるから。一つ一つ自分で確認できるならespなしでScriptを置き換えてもよい。

上級者向け
バグと友達になる -> 要らない
競合と友達になる -> 要る

Modder向け
必須ではないけれど、パッチで何が変更されているかは把握しておいた方がよい。
そしてユーザーにはしつこくパッチを導入するよう勧めたほうがよい。例え自分が使っていなくとも。



プロフィール

vicn

Author:vicn
スクゥーマは一日三個まで。
高齢者のスクロールModを作成。
Young Scrollsを讃えてください。
リンクはお好きにしろ。

検索フォーム